グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年01月24日

燻製つくりました

昨日、「冬山の幸で燻製作り」体験を実施しました。
参加者の都合が日曜日しか取れないということで、
塩漬け・塩抜き・乾燥などの下ごしらえはスタッフが行いました



↑これはソミュール液(ピックル液?)につけた鹿肉(スライス)

塩を擦り込むのもワイルドでいいんですが、味にバラつきが出るので…。
と、某2ちゃんねるが発祥という「鳥はむ」↓



と、しいたけ。
(今回、鱒の燻製は中止しました)

味付け、乾燥の際に取り切れなかった筋・筋膜を取り除き…



一斗缶のスモーカーに鹿肉などを入れます。



桜の枝を細かく切り刻んでチップやスモークウッドの代わりにします。
時計型ストーブで炭火を熾して、桜の枝を入れて燻します



鹿肉や鳥はむをスモークする間に、上野村で猟をしている方に
猟の話を聞かせていただきました。

狩猟につかう罠の使い方や、動物の習性などについてお話していただきました。



日航機墜落事故の際には猟友会の方々が捜索隊の先導にあたっていた話なども
聞くことができました。あの大事故の裏ではこうした方々の活躍もあったという
貴重な証言だったと思います。

そんなお話を聞いたり、お昼を食べたりしている間に燻製が完成!


↑赤丸の辺りに「はむ?」が…



お皿に並べて試食!!…という場面の写真がないのは
参加者の持ち込みのこんにゃく(味つき)、豆腐(みそ味)、
ちくわを燻す準備にかかっていたからです(汗)

みなさん、味には満足して下さったようです。

2月にも開催しますので興味のある方はゼヒ!    

Posted by 上野村森の体験館 at 17:32Comments(0)イベント報告